高性能・低価格のハンディターミナルや防爆仕様のPDAなど多数ご紹介。弊社オリジナルデコーダーの搭載でDPMやOCRの拡張が可能です。

特殊OCR  伝票・賞味期限・書籍コード・証券番号などの読み取り


独自開発のOCRソフトでゴシック体・明朝体・OCR-B等の読み取りが可能に!

弊社で独自に開発をした「ソロモン・デコーダー」により、 DPM(ダイレクト・パーツ・マーキング)や、携帯電話に表示された 2次元コードの読み取りが可能になります。
ソロモン・デコーダーは、Data Matrix (ECC140,ECC200)、及び、QRコード(連結QRコードとマイクロQRを含む)に対応しております。
ソロモン・デコーダーはハネウェル社製の2次元コードリーダーに、プラグインとして搭載することが可能です。
また、プラットフォームを選ばないため、PCやハンディターミナル等への組み込みも可能です。

イメージャーが販売するXenon1900には、標準でソロモン・デコーダーが搭載されており、設定により連結QRコードの読み取りが可能となります。

   ・ハンディ機器向けに特化した設計により、正確かつ高速な読み取りが可能
   ・設定により、様々なフォーマットの読み取りが可能
   ・カスタマイズにより、任意フォントの読み取りが可能


【 運用例 】
   

既存のスキャナーを利用するため、低コストでOCRシステムの構築が可能です。

お客様がご要望されるフォントのサンプル・アプリケーション情報を元に、弊社実機にて画像取得・読み取りが可能であるか検証を行わせていただきます。
(フォントロゴ、ご使用条件により、新規開発が必要な場合があります。)


賞味期限・医薬品の消費期限・パスポート・ISBN(書籍コード)も快適読み取り 

OCR-A/B以外の特殊フォントを画像として取り込み、専用DLLにて解析し、テキストデータとしてPCやPDAに出力することが可能です。
店舗作業の他、倉庫作業や棚卸し、医薬品取扱い等、様々な管理業務にお使いいただけます。


  

  

ソロモン・OCRは様々なプラットフォームに搭載することが可能です。


DPMリーダーに関するお客様のお悩みを解決します!


  

 ・既製のDPMリーダーでは、充分な読み取り性能が得られない。
 ・導入時は問題なかったが、その後、DPMの種類が増え、読み取りができないケースが出てきた。
 ・大量導入を考えているが、DPM専用リーダーでは高価すぎる。

DPMの場合、ひとつのコード形式(例えばDatamatrix)であっても、印字対象や印字方式によって、無数のパターンがあると言っても過言ではありません。

例えば金属面に限っても、鏡面、梨地、ヘアライン、鋳肌面、湾曲面があり、印字方法も、ドットインパクト、レーザー、インクジェット等によるマーキングと、様々な方式があります。
既製のDPMリーダーは、市場にある多くのDPMのパターンに対応できるよう、贅沢な機能を搭載していますが、それは導入コストの高騰という形で跳ね返ります。また、運用する中で対応できないDPMのパターンが発生した場合、デコーダーソフトウェアの改良などによる対策に、なかなか小回りが効かないのが実情です。

弊社独自の画像処理技術「ソロモン・テクノロジー」によって開発された「ソロモン・デコーダー」は、DPMコードや連結QRコードへの対応、そして高機能かつ柔軟性の高いOCRを実現しました。
また、データ編集機能としてGS1の出力データを自由にカスタマイズ可能な「GS1・フォーマット」も搭載しております。


ご要望のお客様は弊社営業部までお問い合わせください。

DPMコードを利用した管理運用をご検討されているお客様には、適切な印字条件の合わせ込みなどを含め、ご相談に乗らせていただきます。